休憩時間のある幸せ

9月 30th, 2014

昼の休憩時間は1時間しかないーー自分の昔で働いてた会社を思い出した。

当然、1分でも遅れたら給料から引かれてしまう仕組み。(当然?!)

hiru.jpg

ブラック企業なんで、残業代はつかないんだけど、引かれるものはキッチリ引かれてしまうー
夜は毎日22時まで確実に働いているし、土日も仕事ー

もちろん手当は無いー(もちろん?!)

そんな長時間拘束されているにもかかわらず、遅刻はキッチリ引かれるー

幸い、朝の遅刻や、休憩時間に遅れて戻った事は無いので、遅刻で給料を引かれたことは一度もないけど、そういう理不尽な契約に、労働者って本当に不利だなって思う。

だから郵便局に行くとか、銀行に行くとかそういう私用を平日にやろうとすると、帰りが22時なんで、仕事の後で行くという事は出来ず、結果昼休憩に行くことになる。

そうすると、銀行なり窓口が混んでいたりすると、そこで長時間待たされるので、結果的に昼飯を食べる時間なんかはなくなってしまう。(腹ペコ)

夜の22時まで拘束されているのに、昼飯が食えないって苛酷だよねー(腹ゲキペコ)

ダイエットしたい人はあえてそういう過酷な仕事に就くっていうのも、ダイエットになりそうだけど、逆にストレスで太りそう?!

やっぱり人間、昼1時間位は休みたいよねー
本来ならば飯食ってる時間以外にものんびりしたいくらいだけど、現実には昼を食う時間もないほど、仕事と私用に追われて休めないっていう・・・
だから、その時自分の夢はのんびりランチをする事だった!(涙)

でも、いつにたっても、「夢」が実現できないから、自分はオムロンパーソネルの転職情報のお陰で、今は人間らしく働くことができた。

当時の話だったけど、今でも時々本当の夢に出る。



Categories: 未分類

職業

9月 16th, 2014

職業や肩書きって色々あるけど、昔ニュースで「ハイパーメディアクリエーター」の肩書きを聞いた時は「えっ!?」ってなったのを覚えている。(笑)



一旦どんな職業なんだろうかと、自分もなってみたいなと~(笑)

そんな変わった肩書きを名乗って楽しい仕事をしてみたいなと思った記憶があります。

肩書きと言えば、世界中誰もが知っているあのドラえもんの肩書きが話題になっているという事で、調べてみたところ、その肩書きはWikipediaに載っていたんだけど、Wikipediaによると、『ドラえもん百科』では「特定意志薄弱児童監視指導員」の肩書きを持つ。

と書いてある。

「特定意志薄弱児童監視指導員」!?

まーたしかにのび太は「意志薄弱児童」ではあるけど、未来の世界では、そういう「意志薄弱児童」を監視する目的で作られたロボットがいて、それがドラえもんという事になる。(笑)

しかし、この情報の元である『ドラえもん百科』なんだけど、そもそも、作者である藤子不二雄が考えた設定なのだろうか!?

『ドラえもん百科』って別のスタッフが総出で作って、チラッと藤子不二雄氏に確認して、サラッと発売した感じなんじゃないの?って思ってしまう。

そう考えると、後付けで作った設定な気がしなくもない。でも「特定意志薄弱児童監視指導員」っていうネーミングは嫌いではない!!(笑)

と、冗談をやめて、実に言うと、自分はオムロンパーソネルの社員で、今の仕事はざっと言うと、需要のある会社に色んな人材を紹介する仕事です。自分の会社のURL(http://haken.en-japan.com/c_1477/)を見て登録してくれる方々に希望する仕事を紹介するのが本当に楽しい。

だから、よく考えてみれば、「特定意志薄弱児童監視指導員」もいいけど、やはり自分には今の仕事が一番!(笑)



Categories: 未分類

角質ケア

9月 10th, 2014

よくCMで角質ケアとかやっているのを見ると、男だけど試してみたくなる。(笑)



有名なのはかかとがつるつるになるやつだけど、角質で調べたら、肌表面にも古い角質にあるらしく、そこもピーリングとか言って洗顔で取り除くと、肌が綺麗になるみたいなことを書いていたりするので、ちょっと興味が湧く。

しかし顔の方は、以前にピーリングとか言って、鼻の脇の毛穴の汚れを取るっていうのがあって、それを試したら汚れが取れてサッパリして、ツルツルになって良かった良かったってなったんだけど。

毎回その後その汚れを取り除いた所から最近か何かが入ったのか、赤く腫れ、余計にかっこ悪い事になって、そしてまた汚れが気になって試したら、また赤く腫れての繰り返しだったんで、取り過ぎるのも良くないのかな?って、
そこそこの洗顔でいいのかな?って思ったり、実はもっとベストなやり方があるのでは?って思ってたりします。

そういう情報を見ていると、俺は汚れを落とした後の保湿と美容成分とか、その後のケアが必要だったのかな?って思ったりもした。

でも普通男で顔洗った後に化粧水とかやらないよね?(笑)

ちょっと気になっているのが、美容液が浸みこんであるマスクみたいなやつを顔に付けるやつ!

あれだったら、やったらなんか良さそうなんで、やるんだったら、毛穴の汚れとかごっそり取って、その後のサッパリした顔に、あのマスクをつけたら気持ちいいし、美容液も浸透しやすく効くんじゃないかな?とも思う。

いつか試してみたい。



Categories: 未分類

原田君とドラム

8月 20th, 2014

子供の頃は楽器が弾ける人に憧れた。
しかしピアノとか習わせてもらえなかったので、独学でチャレンジしたけど、ねこふんじゃったすらロクに弾けなかった。



小学校の後半くらいに、友達が「中学に入ったら俺吹奏楽部入るんだー」って言われたときに、俺は「そっかー。原田君は理科得意だからねー」と答えた。

俺は吹奏楽部が水槽学部だと思っていたので、水槽に生き物を飼って、観察したり育てたりする部活なのかな?って勝手に想像していた。

あとから吹奏楽部が楽器を演奏するブラスバンド部だと知って恥ずかしくなった。(笑)

そして原田君が中学に入って吹奏楽部に見学に行ったんで、一緒についていったんだけど、中は女子ばっかりの部活で、そこにはドラムセットが置いてあった。

当時C-C-Bというグループが流行っていて、メインヴォーカルの人がドラム叩きながら歌っていたのに憧れていたので、そこで興味を持ったドラムにチャレンジしてみた。

両手の動作はテレビを見ながらよく真似ていたので、すぐ身に付いたが、そこに両足の操作が加わるんだけど、それが手と同時にやるのが至難の業で、よくこれ手足バラバラで動くな!!って焦った記憶がある。

結局原田君はその場でマスターして、のちに吹奏楽部でドラムを担当する事になるんだけど、他の楽器はやっていくうちに上達するけど、ドラムは最初で躓くと、
そこで終わりなんだなって実感した・・・



Categories: 未分類

気血水って言葉知っていますか?

8月 18th, 2014

なんか最近「気血水」という文字をよく目にします。
「気血水」とはなんでしょうか?



「気水血」は、中国医学を基に発展した考え方で、漢方の根幹の考え方らしいです。

気とは生命エネルギーの事を言い、血は全身に栄養を届ける血液。
水はリンパ液や、涙、汗、尿、その他退役全般を指しているみたいです。

この気血水の循環が崩れたら病気になると考えられているようです。

また、東洋医学では、病気になる前の状態を「未病」と言い、「未病」の状態で発病しない様に食い止め、体質を改善する事で、気を良くし、気が良くなる事で血や水が良くなり、健康なると考えられています。

医学は進歩しても症状が改善せずに悩んでいる人が大勢いる世の中で、漢方による治療や「気血水」という考え方が注目されています。

「気血水」という考え方では、いくら食事や運動で血や水が良くしても、「気」が悪ければ、そこからバランスを崩し、病気になると考えられています。

「気」は目には見えませんが、ホルモンや免疫力とも密接な影響を持っていて、ストレスが原因で様々な病気を引き起こします。

体に良いものや、運動も重要ですが、ストレスを溜めない生活で「気血水」のバランスを整えれば、健康に繋がるのです。どう思いますか?



Categories: 未分類

最近の記事
休憩時間のある幸せ
職業
角質ケア
原田君とドラム
気血水って言葉知っていますか?
ページ
カテゴリー
未分類
アーカイブ
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月